債務整理を任せるなら評判のいい事務所を探すべき

個人事業主になったら

男性

申告や経理節税の相談役

開業届を提出して個人事業主になると経理や帳簿付け、確定申告を自分ですることになります。まだ、始めたなかりでよくわからないときは税理士に相談することをお勧めします。税理士は税務の専門家であり納税を手助けする仕事です。税理士は、納税がスムーズに進むようにアドバイスすることが仕事の1つで、経理や会計、確定申告の相談などに乗っています。分からないことは税理士に相談してアドバイスを貰うようにしましょう。税理士と契約すれば面倒な経理や会計、申告書類の作成と提出などを任せることもできますし、節税対策をしてもらうこともできます。税理士の大きな役割は依頼人の代理で確定申告書類の作成や税務署への提出して納税がきちんと行われるようにすることなのです。税理士はスケジュール調整をしながら申告期限までに提出できるようにします。法人税や所得税などの書類作成や申告、提出もしてくれますので、確定申告に煩わされることなく仕事をすることができます。税務署は確定申告を基に税務調査をします。この際には代理で立ち会って税務署に説明をします。税務署の決定に不服がある時は、依頼人の代理として申し立てをします。このように税理士は個人事業主の経営に深く関わってきます。経理事務員を雇って任せると毎月の給与支払いが発生しますが、税理士は年に数万程度支払えば契約することができるので費用削減にもなります。事業の経営に深く関わるので信頼できる税理士を見つけることが重要です。