債務整理を任せるなら評判のいい事務所を探すべき

専門家に相談する前に

説明

取得しておく書類

名古屋にいる弁護士や司法書士、税理士などの専門家に相続の相談をする前に、必要書類をご自分で集めておくと、費用も時間も節約できます。まず、相続関係を証明するために必要となるのが戸籍謄本等です。具体的には、お亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本および住民票の除票や相続人全員の戸籍謄本などが必要となります。他にも、住民票や印鑑証明書も準備しておきましょう。これらは本籍地や住所地がある役所で取る必要があり、名古屋市内ならどこの区役所でも取得できます。また、名古屋の本籍地や住所地が遠方の場合は郵送請求することも可能です。ご自分で行ける役所の戸籍等だけ取得し、遠方の分だけ専門家に依頼するのも一つの手です。相続財産に不動産がある場合は、不動産の登記簿謄本、評価証明書が必要です。預貯金、投資信託、株式等に関しては、金融機関から死亡時の残高証明書を取り寄せましょう。これらの書類をご自分で取得し、相続財産と相続関係を明らかにしてから専門家に相談した方が早く手続きが完了します。相続税が発生する場合、被相続人がお亡くなりになった翌月から10ヶ月以内に申告、納税しなくてはいけません。また、初めて専門家へ相談する際には、専門家選びが重要なポイントとなります。専門家選びにおいて最も重要なのが、信頼できるかどうかです。名古屋には沢山の弁護士事務所や税理士事務所などがあるため、どこがよいか迷ってしまうという人も多いでしょう。そのような場合は、知り合いに紹介してもらったり、ネットの口コミ情報などを参考にしながら探すとよいです。